家電リサイクル法

ここでは、「家電リサイクル法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家庭から出される廃棄物、いろいろありますよね。
可燃ごみや、資源ごみ、そして粗大ごみなど、日常から分別されていることと思います。

以前は基本的に各市町村単位で収集して、その処理をしてきました。
ですが、粗大ゴミと呼ばれる物の中にもいろいろあります。
大型テレビ、冷蔵庫など、とても大きくて重いものもありますね。

とても固い部品が使われている為に、市町村のゴミ処理施設での処理が出来ないものもありました。
家庭から粗大ごみとして出る家電製品はこのような処理を困難とする品物が多いのです。

その粗大ごみの中でも、分解して回収できる資源となる部品が多くあります。
ですが、リサイクルすること自体が以前は困難でした。

廃棄料金を取らずに回収したものの、そのほとんどが上手く処理できず、しかも莫大な料金がかかります。
そんなことから、もったいないことに有効価値がある部品と共に埋め立てられていたのです。


そこで近年、廃棄物を減量させるため、そして資源の再活用を考え、
廃棄物をリサイクルする新しい仕組みが出来ました。

その仕組みを確立するために新たな法律が制定されたのです。
「特定家庭用機器再商品化法」です。

これは一般に家電リサイクル法と呼ばれているものです。
この呼び名はみなさんもご存知でしょう。

1998年5月、家電リサイクル法が国会で成立しました。
そして同年6月に公布されました。2001年4月1日から施行されています。

正しいニキビケアは、生活習慣を改善することです。
IKKO愛用のセラムデューはクレンジングで肌を変える
バイクローンの審査は思いのほか厳しい
スポンサーサイト
IFD注文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。