洗濯機の種類

ここでは、「洗濯機の種類」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洗濯機の種類は大まかに言うと、

一槽式 → 二槽式 → 全自動 → 乾燥機付き

という流れで来ましたが、その技術は確実に進歩しています

洗濯機の種類、変わったのは外見だけではありません。その構造においても、洗濯機の種類は変遷を遂げています。

イプサム 査定 | プレジデント 査定 | ビアンテ 査定

洗濯機を構造別に種類分けすると、大体以下の通りになります。

・かくはん式:初期の洗濯機はこのタイプ。大型の羽根によって水流を作る。日本では現在業務用の大型洗濯機のみで採用されているが、アメリカでは現在もこの種類が主流になっている。

・バルセータ式:別名「渦巻き式」。槽の底部もしくは側部にある小型の羽根(バルセータ)を高速回転させて得られる水流によって洗濯をする。60年代以降現在に至るまで、家庭用洗濯機で採用されている種類。

・ビートウォッシュ式:バルセータ式の亜種とも言えるもので、波状のバルセータを洗濯物に触れさせて洗濯する。

・ドラム式:ドラムを回転させることによって洗濯する。構造上大型で重いため、主に業務用や洗濯乾燥機で採用されている。

ETCカード 比較 | おせち料理 宅配 | イオン ETCカード
スポンサーサイト
洗濯機にはいくつもの種類があります。まずは時代を追って、洗濯機の種類の変遷を見てみましょう。

・一槽式洗濯機:脱水槽がないタイプ。洗濯機は1960年代まではこのタイプ。脱水は手作業か、洗濯機脇のローラーで行う。

・二槽式洗濯機:洗濯槽と脱水槽の二つの槽から成っている洗濯機。洗濯槽から脱水槽への移動は手作業。70、80年代はこのタイプが主流。現在ではだいぶ需要が減っているものの、全自動と比べると節水でき、また洗濯・すすぎと脱水が同時進行できるために短時間でたくさんの洗濯物を処理できることから、まだ業務用として人気がある。

・自動二槽式洗濯機:二層式の自動版で、洗いからすすぎまでが自動で行われるもの。もしくはすすぎと脱水までの工程が自動。

・全自動洗濯機:現在の主流で、洗濯から脱水までを、一つの槽で自動進行する。50年代後半~60年代あたりには既に登場していたものの、値段と使用水量の問題から、普及は80年代から。

・乾燥機能付洗濯機:全自動洗濯機にさらに乾燥機能が付いたもので、完全に乾かすことはできないものの、干した後の乾燥までの時間を短縮することができる。

・洗濯乾燥機:全自動洗濯機と乾燥機が合体したもの。こちらは完全に乾燥させることが可能。

洗濯機、時代によってその種類は変わってきており、使い勝手も確実に進化していますね。今後はどんな種類のものが登場するか、楽しみなところです。

シティカード 発行 | ボンゴフレンディ 査定 | グロリア 査定
DCキャッシュワン | コスメデコルテ | アンラシーネ 通販
IFD注文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。